外国人向け観光農園サイト「Japan Fruits」が、海外向け販売支援を開始

外国人向け観光農園サイト「Japan Fruits」が、海外向け販売支援を開始

一覧に戻る

PRESS RELEASE

株式会社J&J事業創造
株式会社くまもとDMC

外国人向け観光農園サイト「Japan Fruits」が、海外向け販売支援を開始
-第1弾として、熊本県の観光農園への誘客とフルーツ販売の両面支援-


株式会社J&J事業創造(株式会社ジェイティービー(以下、JTB)と株式会社ジェーシービー(以下、JCB)の合弁会社
(東京都港区、代表取締役社長:川村 益之、以下、J&J事業創造))は、
自社が運営する外国人向け観光農園紹介サイト『Japan Fruits』(https://the-way-of-japan.com/fruits/)を活用して、
サイトで紹介する農園のフルーツを、外国人が購入できるようにします。
第一号として、株式会社くまもとDMC(熊本県熊本市、代表取締役社長:村田 信一、以下、くまもとDMC)と連携して、
香港・シンガポール向けに、熊本県産フルーツの販売拡大を支援します。


1. 目的
「外国人に日本の“農芸品”の魅力を伝え、世界に届ける」というJapan Fruitsの事業コンセプトのもと、
熊本県の観光農園を中心とした地域のPR及びフルーツの越境EC販売を支援する事により地方創生に貢献します。

2. 実施概要
(1) 誘客支援:熊本県特集『火と水の国、熊本に行ってみよう!オススメの観光スポットとご当地グルメ』の掲載

(2)販売支援:越境EC機能と連携することで、熊本県産フルーツの香港・シンガポール向け販売を支援
販売時期:2017年10月4日(水)~2018年10月3日(水)
販売フルーツ:熊本県産【新興梨】、【富有柿】、【温州みかん】等 (フルーツは順次収穫シーズンに合わせ拡充予定)
 
3. 実施背景及び『Japan Fruits』について

訪日外国人の活動範囲が地方に分散されるなか、観光農園の人気も高まっています。
その一方で、外国人が、日本のフルーツやフルーツ狩りに関する情報を旅行前に入手すること、
さらには、「帰国後にも日本のフルーツを食べたい」という外国人がフルーツを取り寄せることが難しい、という現状があります。

Japan Fruitsは、株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区)が有する『るるぶデータ』をもとに、
全国770箇所以上の観光農園情報を、英語、中国語(繁体字、簡体字)、タイ語で紹介するウェブサイトを開始しました。
あわせて、先だって開始しているFacebookでも、訪日前の外国人にフルーツやフルーツ狩りの情報を届けます。
さらに今回、訪日後に日本のフルーツを届ける機能と連携することで、訪日外国人の帰国後のニーズに応えるとともに、
地域創生に貢献していきたいと考えています。

4.今後の展望
外国人が、日本のフルーツをお土産として、帰国日に空港で受け取り、より良い鮮度で持ち帰りやすくするサービスを
今年度中に展開する予定です。