COMPANY

事業領域

J&Jグループは創立以来、親会社であるJTBとJCB両社の経営資源やネットワークを活かし、常にお客様の立場に立って新たな顧客価値を提供することに挑戦してきました。
現在は「1.訪日インバウンド領域」「2.会員サービス領域」「3.決済サービス領域」「4.人財サービス領域」の4領域を主要な事業ドメインとし、
グループ内の経営資源の活用はもとより、様々なグループ外のパートナーと連携しながら、先鋭的なイノベーションを創出することで、
新たな顧客価値を提供し続ける企業群であることを目指しています。

「1.訪日インバウンド領域」
J&Jグループでは「訪日インバウンド領域」を重要領域と考え、Tax Free事業やJSTOプロジェクトなどの先行的な事業展開で培った知見とノウハウをもって、
多様化する訪日客ニーズを的確に捉え、便利で快適な滞在を支援するサービスを提供します。

「2.会員サービス領域」
会員組織を保有するクライアント企業に対し旅行やエンターテインメント商材などの「コンテンツ」、コールセンターや国内外サービス拠点などの「コミュニケーションチャネル」、
媒体誌やWEBサイトなどの「メディア」を融合した複合的なサービスを提供することで、会員のクライアント企業に対するロイヤルティ向上に貢献します。

「3.決済サービス領域」
決済領域を取り巻く急速な市場構造変化や技術革新が進展する中、既存のギフト関連事業やJTB旅カード事業の品質向上・効率化を図りつつ、
こうした変化に柔軟かつスピーディに対応する新サービスを提供し続けます。

「4.人財サービス領域」
旅行業界を中心に即戦力となる人財を派遣してきた実績をもとに、取引先はもとより働く人々から「選ばれる会社」となるため、
人財資源の確保・育成・活用に資する取組みを積極的に推進しています。

jigyou.jpg
sp_jigyou.jpg